セレクトブランド国産無添加良品フードeateat plate1, plate2

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり

人が食べられる

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「人が食べられる」 うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「人が食べられる」

皆様は、キャットフードを選ぶ際に、何を基準にしていますか?価格ですか?チラシや雑誌の広告ですか?

そして、いまニャンちゃんに与えているキャットフード、自分で食べることができますか?ほとんどの人が躊躇するかと思います。どんなものが使われているか分かりませんし、独特の臭みがあって、とても食べれる気がしませんよね。

格安のキャットフードには、人間の食用に使ってはいけないような肉が使われていることがあります。食用に肉を取り除いた残りの部分、骨や内臓などを粉にして原材料に使っています。病気にかかった動物や死んでしまった動物の肉を使うこともあります。

そういった自分たちが食べられないものを犬に与えるのは不自然ですよね。ペットフードは、少なくとも自分たちが口にできるレベルの品質であるべきです。このため、当店で販売しているキャットフードは、すべてヒューマングレードにこだわっています。

国産

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「国産」

当店のペットフードは「どこで作るか」ということも重視しています。ドライフードを安く作るには、原材料の安い海外で製造して日本に輸入するのが1番です。ただし、コストを考えると船便で運ぶしかなく、製造してから日本に届くまでに45~60日もかかります。

製造から販売まで時間がかかってしまうため、お店に並ぶころには劣化してしまいます。それを防ぐために、輸入品のドライフードの多くに酸化防止剤が使われていますが、この中には人間に使用することが禁止されているものもあり、とても安心してニャンちゃんやに与えることができません。

そこで私たちはドライフードに危険な酸化防止剤を使わなくて済むように、国産であることにこだわりました。

当店のドライフードは猫用で1袋400gから取り扱っておりますが、さらに袋が2つに小分けされており、200gずつパッケージ化されております。よって鮮度がおちないうちに食べさせてあげることができます。

無添加

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「無添加」

国産のペットフードでも、添加剤や着色料をたっぷり使っているフードが溢れています。そのようなペットフードは避けるようにしましょう。無添加無着色と明記されているものが理想です。パッケージの原材料を確認して、人工的な保存料や着色料を使っているものは与えないようにしてください。

当店のドライフードは、原材料一つ一つの品質にこだわり、主原料などといったあいまいな表現ではなくすべての原材料を開示しております。多くのペットフードに使用されている家畜品質の飼料等といったものは一切使用しておりません。当然のことですが、合成保存料、合成着色料は一切無添加となっております。

総合栄養食

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「総合栄養食」

総合栄養食は、犬や猫などのペットの食事として、十分なカロリーと栄養を摂取するために作られたペットフードです。この十分なカロリーと栄養というのは、ペットフードメーカーが独自に決めているのではなく、ペットフード公正取引協議会によってその基準が定められています。

ペットフードに総合栄養食と記載するためには、ペットフード公正取引協議会の定める給与試験を行い、総合栄養食であることを証明しなくてはいけません。
当店のドライフードは、このペットフード公正取引協議会の基準を満たしておりまず。当店のドライフードと新鮮な水だけを一緒に与えれば、ペットの健康を維持することができます。ペットの食事としては総合栄養食であるペットフードだけで本来なら十分だとなるわけです。

原材料に魚のアジ

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「原材料に魚のアジ」

当店で販売しているフードには、合成保存料や合成着色料を一切使用していません。これらを使わずにペットフードを作ろうとすると、賞味期限が短くなり、原材料も新鮮なものを使う必要がありますので、どうしても価格は高くなってしまいます。

商品の価格を見て「高い」と感じる人もいるかもしれません。それで購入をやめてしまう人もいるかと思います。でも食の安全にこだわりたいから、高くなるのを承知で無添加であることを大切にしています。

鮮度を重視するため、ドライフードの原材料には手に入りやすい魚のアジを使用しています。アジには血行を良くするオメガ3系脂肪酸が含まれており、タンパク質やミネラルも豊富です。そんなアジを丸ごと1匹使っていますので、不足しがちなカルシウムも補うことができます。

小粒・細粒型

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「小粒・細粒型」

当店のドライフードは小粒タイプになっているため、フードが食べやすく、また日々の与える量を調整しやすくなっております。小型犬や口の小さいニャンちゃんでも安心して与えられるサイズとなっております。

また、ドライフードを手にとってみるとおわかり頂けますが、粒が丸くつるつるしております。欧米のフードと違ってゴツゴツしていないのです。
これは、原料を細粒化することにこだわったためです。

これがペット達にどのような恩恵をもたらすかと言うと、お腹にやさしく消化器の負担に障害がない、つまり未消化が起きづらいということになります。
細粒型であるため、フードを切り替えたときにも下痢などの症状を起こすことを極力おさえることができるフードになっています。

酸化防止剤に茶カテキン

うちのこわんにゃんのドライフード7つのこだわり「酸化防止剤に茶カテキン」

ドライフードに含まれる危険な添加物のひとつとして挙げられるのが、フードを長持ちさせるための酸化防止剤です。すべての酸化防止剤が危険というわけではありませんが、輸入品のペットフードには、日本での使用が認められていない酸化防止剤を使ったものもたくさんあります。BHAやBHT、エトキシキンといったものが危険な酸化防止剤に該当します。

当店のドライフードにも、開封後の劣化を防ぐために酸化防止剤は使っていますが、ビタミンCとE、緑茶カテキンといった、人工的に作られた酸化防止剤ではなく、安全性の高い自然由来のものを選んでおります。カテキンそのものはとても酸化しやすい物質です。このため、食品とカテキンを同じ空間に置いておくと、空間中の酸素を食品よりも早くカテキンが吸収します。その結果として食品の酸化を遅らせることができるという仕組みです。

ドライフードの種類

プレートキャットワン/仔猫・成猫用 ドライキャットフード

プレートキャットワン
仔猫・成猫用
ドライキャットフード

1袋400g

生後〜6才までの発育期〜必須のアイテム
魚(アジ)をタンパク源にした総合栄養食です

プレートキャットワン/仔猫・成猫用 ドライキャットフード
もっと詳しく
プレートキャットツー/成猫・老猫用 ドライキャットフード

プレートキャットツー
成猫・老猫用
ドライキャットフード

1袋400g

シニア猫でも高品質なフードの摂取は必須
肥満猫や去勢避妊猫にも対応した猫用ドライフードです

プレートキャットツー/成猫・老猫用 ドライキャットフード
もっと詳しく

ペットにおかずは必要なのか?

ペットにおかずは必要なのか? ペットにおかずは必要なのか? ペットにおかずは必要なのか?

ペットのおかずについては、「そもそも必要なのか?」といったお問い合わせをよくいただきます。当店で取り扱っているドライフードが「総合栄養食」となっているからなのでしょう。つまり、ドライフードが「総合栄養食」なのだから、与える食事としてはドライフードのみで問題なく、おかずはなくてもいいのでは?そう考える人が多いようです。結論から言えば、総合栄養食のドライフードだけで問題はないのですが、それ以外におかずをあげるのにはちゃんとした意味があります。

一般食としてのおかずは、嗜好増進のために与えるペットフードという位置づけで、栄養バランスの取れていない食事ということになります。ただし、これは決して悪いことではありません。むしろ人間の食事にとても似ています。

例えば私たちが口にしている牛肉や豚肉などのお肉は、とても栄養価が高い食材ですが、肉料理だけ食べていたのでは、私たちの健康維持はできません。ビタミンやミネラルなども摂取しなくてはいけませんよね。ペットフードの一般食はそのような食材と同じだと考えてください。

反対に人間には総合栄養食というものはありません。実は人間の食べる完全食(完全栄養食)と呼ばれる食品が作られているのですが、あまり流行りません。人間にとって、食事というのはただ栄養を摂るだけというものではないというのがその理由です。

犬も人間のように食事に対して喜びを感じます。食事の用意をするだけで急にテンションがあがって、目をキラキラさせる愛犬の姿を目にしたことのある人は多いのではないでしょうか。そして犬にもきちんと味覚もあります。このため犬にも食べ物に対する好き嫌いがあります。

好きな食べ物はやはり嬉しいものですし、食欲も上がります。ただし犬の場合、好きか嫌いかは味よりも匂いの要素が強いと言われています。このため、人間のようにゆっくりと味わうことなく、口に入れたらすぐに飲み込んでしまいます。

いずれにしても、犬には食べ物に対する好みがあり、食事をより楽しいものにするためには、たまには好きな食べ物を与える必要があります。いくら栄養バランスがいいからといって、総合栄養食ばかりを与えていたのでは、食事での喜びが増えません。そればかりか、食事が単調になると、ストレスを感じる犬も多くいます。ストレスを与えることにより、体調を崩し病気がちになる場合があります。また活力も奪ってしまいます。「栄養バランス」のみを重視することが健康につながるわけではないということを覚えておいてください。

総合栄養食だけでも犬は困りませんし、それが当たり前だと思ってくれますが、愛犬にはたくさんの喜びを知ってもらいたいですよね。総合栄養食は体を満たしてくれますが、心までは満たしてくれません。心を満たすためにおかずはとても重要な役割を果たすことになります。

ドライフードの与え方

私たち人間の食事は、水分たっぷりの食事ばかりです。 乾燥食品をそのまま食べるなどほとんど考えられません。食べ物に水分が含まれていればこそ、食物が喉をスムーズに通過するのです。乾燥食品が毎日の食事だと仮定した場合、食欲減退どころか、消化する胃や腎臓の負担が大きくなってしまいます。

ペットの食事にも同じことがいえます。ペットのドライフードは、水分量10%以下の乾燥食品なのです。よって、私たち人間 と同じように水分を十分にふやかしてあげることが、からだにやさしい食事となります。

与え方はまず、ドライフードにぬるま湯を浸る程度に加え15分くらいかけて芯までふやかしましょう。ふやけたフードが、食べる全体量の60%位になるようにしてください。残りの40%は 、おかずを混ぜます(このドライフードとおかずの比率はおおよその目安です)。

ひと工夫ひと手間かけ愛情たっぷりの手作りの食事を与えてあげてください。

オススメ
ドライフードの与え方 ドライフードの与え方 ドライフードの与え方
ドライフードの与え方

ドライフードの製造工場について

店長の生産工場視察

食事健康相談室

食事健康相談室 食事健康相談室
商品画像をクリックすると、商品ページの詳細をご覧いただけます。
このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。
表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示

商品一覧

プレートキャットワン/仔猫・成猫用 ドライキャットフード 1袋 400g

定価: ¥1,015(税込)

価格: ¥1,015(税込)

購入数

プレートキャットツー/成猫・老猫用 ドライキャットフード 1袋 400g

定価: ¥1,015(税込)

価格: ¥1,015(税込)

購入数

2件中1件~2件を表示

  • お客様の声
  • メールマガジン登録 お得な情報をお届けします!
  • うちのこわんにゃん お便りコーナー

  • ワンコインお試しセット
  • FAXはこちら
  • よくある質問Q&A

キーワード検索

カレンダー

営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日

ページトップへ